エントプラの推進工事

パイプリターン工法

パイプリターン工法(PIPE RETURN)

推進管はそのままで、掘削機が縮小。自走後退し、再挿入が可能。

pipe-return-002

  • 土質に対応したビット交換が選択できます。
  • 地盤改良が先導体内部より行えます。
  • トラブル時、管を引き抜かなくても良いので、環境に与える影響が少なくて済むようになりました

省スペースの発進基地。到達立坑は不問

  • 最小寸法Φ2000mmの発進立坑(PR450)。(水平方向推進時)
  • 到達立坑は不要。既設管、既設人孔等への接続が可能。

全工法掘削が可能

下向き、水平方向、真上、斜め、360°OK

長距離掘削最大300mが可能

  • 電子機器の高機能化により、高精度な測量管理システムを実現。
  • リアルタイムに方向修正、精度管理が可能。

ピックアップ記事

  1. 営業所は、[基山事務所]佐賀県三養基郡基山町長野380-6[宮若事務所]宮若市竹原78...
  2. 釣りクラブ2
    レクリエーション活動にて、釣り大会を開催しました。従業員と家族の参加で楽しい余暇を過ごせました。
  3. 2018.2.7

    採用情報
    エントプラでは、技術管理者、作業員、推進機械オペレータを募集しています。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

記事の履歴

採用情報

お問合わせ